お金の貸し手がサラリーマン金融といったよう

任意整理は一般的に負債の整理というふうにも言われていて、それぞれの債権者に対し借金の支払いを継続していくことを前もって決めた借金を整理する形のことをいいます。

具体的な手続きですが司法書士事務所もしくは弁護士の有資格者貸し手とあなたの中に入って相談し、利息制限法に照らしながら利息の引き直しを行い再計算した元金の借入金利を減らす方法で36か月程度の期間内で返済をしていく債務整理の計画です。

この任意整理には警察のような国家機関が関係することがないためそれ以外の選択肢と比べると、採用した場合のデメリットとなる点が最も小さく、処理そのものが借金をしている人にほとんどストレスになることはないため、まず比較検討してほしいやり方となります。

さらには、お金の貸し手がサラリーマン金融といったような大変高額な借入金利ならば、利息制限法という法律が明記している貸出利息を超えて返した利息分は借りたお金の元金に適用するとみなされ元金それ自体を減額することだって可能です。

ですから、サラ金業者などのとても高額な利息のところに対し長い期間返済し続けているケースだと金利分を減らすことができるようなこともありますし、十数年返済し続けている場合には負債そのものがなくなってしまうこともないとは言えません。

任意による整理の利点ですが、自己破産と異なり一部分のお金だけを整理することになるので、保証人が関連する負債を除いて検討していく際やクルマのローンを除き手続きをしていく際等においても用いることも可能になりますし資産を処分することは要求されていないため投資信託やマンションなどの個人資産を所有しているものの手放したくない場合においても活用できる借金整理の方法です。

これから返済していく額と実際として可能な収入額を検討し、だいたい返済が見通せるようである場合は任意での手続きで進めることに問題ありませんが、破産宣告と違い返済義務がなくなるという意味ではありませんので負債の金額が多い状況の場合、現実には任意による整理の選択肢を選ぶのは困難であるということになるでしょう。

コンテンツメニュー

    Link